紅玉りんごジャム

甘みと酸味のバランス

色までおいしいこだわりのジャム

「紅玉」の名の通り、皮まで使って赤く染めました。

紅玉は、 生で食べるには強すぎるほどの酸味と、煮崩れのしにくさから、 アップルパイや焼きリンゴなどの調理に適したりんごと言われています。
酸味はジャムにも大変重要で、紅玉はもちろんジャムにも最適なりんごなのです。

りんごの実の部分だけでジャムにすると、当然、実の部分だけが煮えた色になり、薄い茶色のような味気ない色になってしまいます。
そのため、凡では剥いた皮を別にとっておき、実を煮るときに一緒に、袋に詰めて紅茶のように煮出して赤い色を染めるのです。
美味しさは見た目も大事。「紅玉」の名に恥じないジャムになります。

紅玉りんごジャム190g

 

製品ラインナップ

・紅玉りんごジャム 150g
・紅玉りんごジャム 190g

【オススメの召し上がり方】
普段使いとして、パンやヨーグルトなどとおいしく召し上がってください。
お子様向けのカレーなどに加えて甘みにしてもよく合います。

 

【原材料】
紅玉りんご(国産)
ビート糖(国産)
クエン酸